0-2. Django開発環境を整える

今回のテーマは「Django開発環境を整える」です。筆者の環境はLinuxですので、Linuxがベースの記事となりますが、Pythonが動く環境であれば大きな変化はないと思いますので適宜読み替えて下さい。ではまずDjangoを使える環境を整えましょう。

python仮想環境の準備

ここでは、Djangoで開発を進めていく際の準備をしていきます。まずpythonですが、3系での利用を想定しています。もし、python2.xしか入っていない状況でしたら3系をインストールして下さい。

次にvenvにて開発用に仮想環境を作ります。本サイトでは基本的にvenv環境で操作をしていきます。


$ python3 -m venv venv

ディストリビューションによってはpython3へのリンクがpythonだったりpython3だったりと異なりますのでご注意下さい。venvディレクトリが作成されているはずです。コマンドの2つめの’venv’は別のフレーズでもOKです。その場合は指定したフレーズのディレクトリが生成されます。では、作ったvenv環境を有効化しましょう。


$ source venv/bin/activate

これでvenv環境が有効化されました。

蛇足ですが、以下のコマンドでvenv環境から出ることができます。


(venv)$ deactivate

Djangoのインストール

ではDjangoをインストールして行きましょう。venv環境のpipを用いるだけなので何も難しいことはありません。


(venv)$ pip install django

これで準備が整いました。

最後に

次回はDjangoプロジェクトを生成してWebブラウザで確認する作業をしていきます。
本記事がお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です